2007年5月10日
持ち歩けるシンボル

ガブリエル:
皆さんおはよう。あなたの一日をポジティブな意識で始めるのは重要なことだ。毎朝、目覚めたときに私達を表すシンボルを思いなさい。それは、花、本、おもちゃのボートなど何か、何でもいい、何かシンボルとなる物をだ。そして一日中そのシンボルがあなたを共にいることをビジュアライズしなさい。その物を手に持っているところを思い浮かべなさい。その物は、私達があなたと共にいる、ということをあなたに思い起こさせるのだ。あなたの思うシンボルは何かな?

ばらの花です。

ガブリエル:
バラの花だね。では、今日、あなたが行くところどこにでもそのバラの花があるところを想像してごらん。車を運転しているときには助手席にそのばらの花が置いてある。買い物にいくときには、そのばらの花を手に持っている。仕事場では、机の上の花瓶にそのバラの花が活けてある。そして、夜寝る時には、そのバラの花を、「明日また会いましょう」と言って、空の手に渡すのだ。このシンボルは、あなたがひとりではないことを思い出させるのだ。あなたがどんなに孤独を感じていても、あなたはひとりではない。誰かと一緒になりたいのに誰も見つからずに寂しい思いをしていたなら、何故そうなのか理由を見つけて、その奥の教えを学ぶことをしたらいい。

そう、全ての物事は、理由があって起きる。あるいは、理由があって、起こらない。病気、事故、誰かと出会うこと、誰かと別れること。大きな出来事だけではなく、日常の小さな出来事も全部理由があって起きる。何故物事は起きるのか? 物事はパーフェクトなタイミングであなたの人生の学びを導くために起こる。すべての出来事は先生であり、全ての人は先生だ。何か物事が起きた時に、自分に問いかけてみればいい。「何故これが起きたのか?」「何故これが今起きたのか?」そしてあなた自身の答えを見つけるのだ。

宇宙は、はっきりと、いつどのような物、人をあなたに送ればよいかを知っている。私達はあなたが私達を必要とするときに協力するために、ここにいる。

私達がどうやってあなたの担当になったかって? それはあなたが学んでいるレッスンによる。あなたが人生を生きる間、人生のレッスン以外に、そのレッスンの一部として沢山のミニレッスンを学んで行く。あなたが現在学んでいるレッスンの専門家が、宇宙によってあなたの所に送られるのだ。我々はガイドとしてひとつのところに登録してある。宇宙はあなたが新しい先生となるガイドが必要な度に、あなたに最も適したガイドを選ぶのだ。あなたのメインガイド(主となるガイド)は、あなたの誕生から死まで、ずっとあなたと共にいる。

ガイドと生徒を合わせる基準は、エネルギーの相性だ。私達はあなたのエネルギーを乱さないようにちゃんとする。あなたのエネルギーの質と強さを高めることはするかもしれないが、乱したり減少させたりすることは決してない。エネルギーの相性は進化のためにはとても重要だ。私達のことをあなたの一番お気に入りの先生、私達の一番お気に入りの生徒、というような関係と思えばいい。あなたがお気に入りの先生のクラスで勉強していた時のことを思い出せば、このレッスンもどう学んでいるかがわかるだろう。

先生となっているスピリットガイドがあなたと共にいる期間の長さは、あなたがそのレッスンを学ぶのにかかる時間による。いかに早く学べるか、ではなく、いかに上手に学べるかが問題なのだ。よく集中して本当に学ぶように。そうしてその学びの間、学びを楽しむように。

時にはレッスンは、困難で、辛く、厳しい出来事を通して教えられる。愛する人の死、離婚、失業、大病、大事故などだ。それらの奥にはもちろん学びがある。だからこれらの出来事によってもたされた自己憐憫、終わりのない悲しみ、深い後悔などのネガティブな感情のなかに自己を無くすことがないようにしなければならない。そのような感情を感じることはよいけれど、ある時点で、それを止めて、問いかけてほしい。「私はこの出来事から何を学ぶべきなのだろうか?」と。

どんなに状況が困難なものであっても、どんなに絶望的であっても、そこから抜け出す道はある。あなたは、すでにその状況にたちむかうだけの強さと知識を持っているのだから。そこから抜け出して、もとの幸せな人生にもどるのだ。ネガティブな感情に弱らせることがないように。自分を見失わずに、抜け出すのだ。

あなたが愛に満ちていて、ポジティブな意志とエネルギーを持っているなら、私達はあなたをサポートしよう。そうでないなら、あなたが愛とポジティブさを取り戻すように、私達はベストをつくそう。

今日も私達はあなたを愛していて、あなたとともにいる。楽しみたまえ。


メッセージにもどる

ホーム
カーラについて
スピリットガイド達
メッセージ
7つの要素
活動内容
カーラへの質問
リンク
English