2007年5月12日
あなたのエネルギーをコントロールすること。

(すべてのミーティングのメンバーが、円卓のある雲の端に立って、空の向こうを見ている。彼らは夜明けを眺めている。私もいっしょにそこに立つ)


ガブリエル:
美しい夜明けだ。夜明けは暗闇と光の間の時間だ。夜明けは暗闇の生き物達に、これから力強い光が満ちてきて彼らを浮き彫りにする、と伝えているのだ。夜明けは光のメッセンジャーだ。

(私達は円卓にもどる)

日の入りは、夜を待つ暗闇に、光はこれから少しの間休むけれども、何百万という星が見ている、ということを告げる。全ての暗闇がネガティブというわけではない。暗闇は親しみやすいものでもある。全ての生きる物に、日中に受け取った光のエネルギーをプロセスするのを助ける。夜の間にエネルギーが体の全ての部分に行き渡り、全ての部分になっていくプロセスだ。それが暗闇の中で行われるのだ。

そのことがよくわからない、というのなら、それでかまわない。この話には後で戻って来よう。

さて、朝顔さん(ガブリエルは私のことをこう呼びます)、今朝はなにを話しあいたい? 散歩から帰ってきて落ち着いたかい?

まだ、落ち着いていないです。

ではエネルギーを落ち着かせる方法を教えよう。体を動かしたり、感情がたかぶったりしてエネルギーが動き過ぎると、集中することがむずかしくなる。あなたの散らばっているエネルギーをひとつのしっかりしたエネルギーにまとめれば、もっと効果的に集中できるようになる。エネルギーをコントロールするのは、簡単なビジュアライゼーション(想像で思い浮かべること)でできる。

あなたはゆっくりと深く息をしていく。息をゆっくりと深く吸いながら、散らばっているエネルギーが体の中にもどってくるのを想像する。ゆっくりと深く息を吐きながら、そのエネルギーがひとつのエネルギーの玉となり、あなたの臍のすぐ下のあたりにたまっていくのを想像する。体のそのあたりにはエネルギーを貯めておく深いポケットがあり、また、そのあたりの筋肉は強いから、そこに貯めておけばたくさん、しかも安全に貯めておける。あなたがエネルギーを使う必要のあるときには、そこから強い光の束としてエネルギーを放出できる。エネルギーを貯めておける場所は、単に「深いポケット」と呼んでもよいが、自分で好きな名前をつけてもよい。あなたは何と命名するかな?

ボルドーと呼ぼうかな。大きな地下の隠れたワインセラーというような感じがするから。

それはいい。では、今このエネルギーを落ち着かせるエクササイズをしなさい。エネルギーをあなたがコントロールできる手っ取り早い方法だ。よろしい。これであなたは芯が通っている。動揺したり、興奮したり、そわそわしたり、落ち着かなかったりしたときには、いつもこのエクササイズをやりなさい。あなたの体からエネルギーが自由に出入りしていると、静電気が起きる。エネルギーがあなたをコントロールするのではなく、あなたがエネルギーをコントロールしなければいけない。

あなたが調教の出来ていない子犬を散歩しているところを思ってごらん。子犬は自分の行きたいところにあなたを引っ張って行く。子犬が大きければ大きい程あなたが子犬をコントロールするのは難しくなっていく。それがコントロールの出来ていないエネルギーの状態だ。では、とてもよく調教された警察犬と散歩しているところを想像してごらん。あなたが与える命令にはちゃんと従う。しかし、散歩は楽しむことができる。あなたも散歩が楽しくなる。その犬は、しかし、とても油断なく行動していて、あなたが何かをしろ、と命令したときにはそれに従えるようにしている。それがコントロールされたエネルギーだ。

今日は、あなたのエネルギーをコントロールすることを学び続けなさい。エネルギーがいつも中心にあり、あなたのボルドーにたまっているように。そこにじっとしているように。ゆらぐことなく集中していなさい。それがあなたの今日の宿題だ。

さて、私達の落ち着きのない朝顔さん、一度にひとつのことをするように。あなたの心にはいくつもの事柄があるのは分かっている。マルチタスクというのは聞こえは良いけれど、うまく行くものではない。一度にひとつのことをする。一度にひとつのことに集中する。そうすることによって、何もミスることなくすべてをきちんと成し遂げることができる。なにも心配することはない。すべてうまく行っているのだから。

さあ、すばらしい集中した日を送りなさい、朝顔さん。私達は今日はライオンとしてあなたと共にいます。それがあなたが選んだ私達のシンボルだからね。今日もあなたのことをとても愛しているよ。楽しみなさい。


メッセージにもどる

ホーム
カーラについて
スピリットガイド達
メッセージ
7つの要素
活動内容
カーラへの質問
リンク
English