2007年5月14日
スピリットの世界での生活はどのようなもの?

ガブリエル:
皆さん、おはよう。朝顔さん、今日のご機嫌は?

調子はいいです。ありがとう。あなたは?

ガブリエル:
私はいつものように元気だ。私達にはネガティブな思考がないのでね。病気もないし、元気でない理由がないのだよ。

全然ネガティブなことは考えないの?

人間のようにはね。私達の世界では、お互いがつながりあっている。何かを考えれば、他の者はそれを知る。そうやってコニュニケーションをとるのだ。私達が愛といたわりと尊敬を持って働くとき、意見の相違や、やり方の違いなど存在しないのだ。私達はチームとして働き、誰もが自分が心地よく働ける場所に落ち着くことができる。ネガティブに考えることなどないのだよ。私達はいつも満たされている。いつも欲しいものや必要なものはある。

個人的なことはどうなの? 愛とか結婚とかはあるの? あなたは誰かといっしょなの? そこではどうやって過ごしているの?

愛と結婚、あなたの一番好きな事柄のひとつだね。ここでは地球にあるような結婚はない。私達は皆存在の目的を分かっている。私達のことは全て覚えているのだ。私達は今まで生きた人生、そしてこれから生きる人生、全てを知っている。私達は今までの他の時間、他の場所での全ての自分を覚えているのだ。それが今の人生で必要なことならば、特別な誰かと出会うのにパーフェクトなタイミングがある、ということも分かっている。今この時点では、ここにいるミーティングのメンバーは全て、そのような特別な誰かと特別親しい関係を持つことを必要とはしていない。

私達は、自分を完成させるために他の誰かを必要とすることはないのだ。私達は、自分だけで完成した存在なのだから。私達は、あなたたちのように生殖を経験する必要はない。だから、その目的のために誰かを必要とすることもない。孤独を感じることもない。皆がつながっているのだから。

私達は地球人のように睡眠を必要としていない。私達は睡眠状態に存在しているのだから。私達は時にエネルギーを回復させる必要はあるが、それも意識下で行うことができる。あなた達は睡眠中にそれを行うけれどね。栄養を必要とする肉体がないので、食べる必要もない。私達は、愛していることをするだけだ。私の場合は、それは、あなたのような地球人と働くことだ。私の世界とあなたの世界のリエゾンとして働くのが好きなのだから。

特別な誰かといっしょになる、ということだが、そのアイデアはあなたたちが長いこと孤独でいたことから生み出されたものだ。大昔に人間は私達から、宇宙から離れてしまった。つながりがなくなると寂しくなり、迷い、希望もなくなり、恐ろしさを感じるようになる。特別な誰かといっしょになることによって、それらの感情が少なくなる。それがわかったときに人間はそれを法律にした。つまり、特別な誰かと一緒になったら離れられない、という法律だ。結婚の法律は人間に、もう二度と孤独や離別を感じなくてすむ、という幻影を与えたのだ。

しかしながら、人間はそれぞれ人生を歩む道があることをわかっているね。ふたつの道がひとつの道となることは、それがずっとひとつでなければいけない、ということではない。次のレッスンが来たとき、それがひとつで、あるいは他の誰かと学ぶものならば、あるいは他の環境下で学ぶものならば、その道はまたふたつに分かれなければいけない。それは自然なことなのだ。もちろんふたりで学ぶレッスンもある。そのときには一緒にいることになる。その連帯は事実、人生の長きにわたるものの場合もある。それも自然なことなのだ。

ふたりに別離の時が来たら、離れなければ進歩をすることができない。それゆえ人間はまた違う法律を作り出した。結婚が続行できないとなったら、それは解消してもよい、というものだ。人間が作り出したもうひとつの便利な法律だ。人は、別れても良いとわかったとたん、ほっとして自由を感じ、これで自分のレッスンが学べる、と思うだろう。結婚で得た連帯感が幻想だったのでは、と思うかもしれない。しかし、それはない。ふたりは、ふたりでレッスンを学ぶ必要があったから一緒になったのだ。しかし、それだけだ。

孤立し、孤独を感じ、恐れを感じるときには、ひとりにはならないように何でもするものだ。だから人間はその状況に合うように便利な法律を制定した。何故法律がなくてはいけないか、という理由を無視してね。どのような法律も、自由や進歩を妨げるものは道理にかなっていない。あなたたちの形式の結婚は、わたしたちにとっては意味をなさない。子供達が何歳でどのレベルの読解力を持っていなければ、それは知能遅れという、というような教育の法律も、全く意味をなさない。誰も、一緒にいる必要がないのに一緒にいなければいけない、と強要することはできない。誰も、自分のスピードではない、他の人のスピードに合わせて進歩しなければいけない、と強要することはできない。まったくうまくいかないことなのだ。あなたのすること全てに愛をとりもどす時期なのだ。なぜあなたがあなたの人生を生きているのか、を思い出す時期なのだ。

今は真の覚醒の時だ。真の政治の時だ。真の教育の時なのだ。便利だから、という理由で法律を制定していはいけない。宇宙の法に従って法律をつくりたまえ。宇宙の法が何なのか教えたまえ。宇宙の真実とは? どう思うか? とても時間をかけて深く考えたまえ。

私達は、いつものように今日もあなたと共にいる。そしていつものようにあなたを愛している。愛がいつもあなたといますように。愛がいつもあなたを導きますように。愛がいつも教えますように。愛がいつもあなたを教育しますように。愛があなたを統治しますように。そう、朝顔さん、愛がそこにあるように。


メッセージにもどる

ホーム
カーラについて
スピリットガイド達
メッセージ
7つの要素
活動内容
カーラへの質問
リンク
English